AGA治療のデメリット

AGA治療のデメリット

AGA治療は主にホルモンに働きかけることで行なわれます。

 

なので人によっては体調面だけでなく、精神面にも悪影響を与える怖れがあります。

 

また健康に直結するものではないため、健康保険が使えないこともデメリットとして挙げられます。

 

特に内服薬と外用薬を併用するような場合であれば、月々の出費が大きくなってしまいます。

 

 

その他に短期的なデメリットとして、初期脱毛の症状が表れることがあります。

 

これは毛が生えるサイクルを正常なものへと導くためで仕方ないことなのですが、治療を始めてから数ヶ月はより脱毛が進行したような見た目になる可能性もあります。

 

あくまでも個人差やタイミング次第で、意識して避けることはほとんど不可能です。

 

 

AGA治療のメリット

薄毛に悩むという方は、その薄毛の進行などを食い止めるということが大切です。

 

何も対策をせずにいると薄毛がさらに進行にしてしまい、見た目的な問題として周囲からのイメージダウンにつながることもあります。

 

 

自分でさまざまな対策をするということも必要ですが、AGA治療を行うというのも一つの方法です。

 

治療を行うメリットとしては、抜け毛増加をある程度防ぐという点です。

 

薄毛が徐々に進行していたものをある程度抑えるということにもつながります。

 

もう一つは発毛を促進することに期待が持てる点です。

 

何も対策をせずにいると、原因がどのようなものであるかにもよりますが、頭皮環境などが悪化している可能性もあります。

 

この点を改善できることで髪の毛の成長などにもいい影響を与えることができるため、治療をすることが大切です。

 

 

郡山のおすすめのAGA病院 | AGAによろしく

つくばのおすすめのAGA病院 | AGAによろしく

厚木のおすすめのAGA病院 | AGAによろしく

函館のおすすめのAGA病院 | AGAによろしく

 

 

更新履歴